AWS-Solutions-Architect-Professional-JPN無料過去問 資格取得

NewValidDumpsは事実を通じて話しますから、奇跡が現れるときに我々が言ったすべての言葉を証明できます。NewValidDumps AmazonのAWS-Solutions-Architect-Professional-JPN無料過去問試験資料は特別にデザインされたもので、IT領域のエリートが組み立てられた強い団体が受験生の皆様に向いて研究した資料です。認証試験に合格したら、あなたはIT領域で国際的な価値を表すことができます。 Amazon AWS-Solutions-Architect-Professional-JPN無料過去問試験認定書はIT職員野給料増加と仕事の昇進にとって、大切なものです。それで、我々社の無料のAmazon AWS-Solutions-Architect-Professional-JPN無料過去問デモを参考して、あなたに相応しい問題集を入手します。 しかも値段が手頃です。

AWS Certified Solutions Architect AWS-Solutions-Architect-Professional-JPN この試験に受かるのは難しいですが、大丈夫です。

AmazonのAWS-Solutions-Architect-Professional-JPN - AWS Certified Solutions Architect - Professional (AWS-Solutions-Architect-Professional日本語版)無料過去問の認定試験に合格すれば、就職機会が多くなります。 NewValidDumpsで、あなたの試験のためのテクニックと勉強資料を見つけることができます。NewValidDumpsのAmazonのAWS-Solutions-Architect-Professional-JPN 資格トレーニング試験トレーニング資料は豊富な知識と経験を持っているIT専門家に研究された成果で、正確度がとても高いです。

きみはAmazonのAWS-Solutions-Architect-Professional-JPN無料過去問認定テストに合格するためにたくさんのルートを選択肢があります。NewValidDumpsは君のために良い訓練ツールを提供し、君のAmazon認証試に高品質の参考資料を提供しいたします。あなたの全部な需要を満たすためにいつも頑張ります。

Amazon AWS-Solutions-Architect-Professional-JPN無料過去問 - きっと君に失望させないと信じています。

最近、NewValidDumpsはIT認定試験に属するいろいろな試験に関連する最新版のAWS-Solutions-Architect-Professional-JPN無料過去問問題集を提供し始めました。例えばAWS-Solutions-Architect-Professional-JPN無料過去問日本語問題集などいろいろあります。これらの試験問題集は最新のAWS-Solutions-Architect-Professional-JPN無料過去問試験のシラバスに従って作成されたものです。試験について最新の情報を伝えられます。試験のシラバスがどのような変更をしたのか、試験に出る可能性がある新しい種類の問題について、これらの最新版の問題集には全部含まれています。ですから、IT認証試験を受験したいなら、NewValidDumpsのAWS-Solutions-Architect-Professional-JPN無料過去問問題集を利用したほうがいいです。なぜなら、これはあなたがよりよく試験の準備をすることができる最高の方法ですから。

我々は受験生の皆様により高いスピードを持っているかつ効率的なサービスを提供することにずっと力を尽くしていますから、あなたが貴重な時間を節約することに助けを差し上げます。NewValidDumps AmazonのAWS-Solutions-Architect-Professional-JPN無料過去問試験問題集はあなたに問題と解答に含まれている大量なテストガイドを提供しています。

AWS-Solutions-Architect-Professional-JPN PDF DEMO:

QUESTION NO: 1
通常のAmazon S3 APIを使用してEC2スナップショットにアクセスできますか?
A.はい、S3に保存するスナップショットを選択した場合、S3
APIを使用してアクセスできます。
B.いいえ、スナップショットはAmazon EBS APIを介してのみ利用可能です。
C.はい、すべてのスナップショットがS3に保存されているため、S3
APIを使用してそれらにアクセスできます。
D.いいえ、スナップショットはAmazon EC2 APIを介してのみ利用可能です。
Answer: D
Explanation
No, snapshots are only available through the Amazon EC2 APIs.
https://aws.amazon.com/ec2/faqs/

QUESTION NO: 2
部門は会社のログファイルから定期的な分析レポートを作成します。すべてのログデータは
Amazon S3で収集され、Amazon
RedshiftデータウェアハウスのCSV形式の日次PDFレポートと集計テーブルを生成する毎日
のAmazon Elastic MapReduce(EMR)ジョブによって処理されます。
CFOは、このシステムのコスト構造を最適化することを要求します。
システムの平均パフォーマンスや生データのデータ整合性を損なうことなくコストを削減で
きる代替手段は次のうちどれですか?
A. S3のすべてのデータに冗長性削減ストレージ(RRS)を使用します。 Amazon
EMRジョブには、スポットインスタンスとリザーブドインスタンスの組み合わせを使用しま
す。 Amazon Redshiftのリザーブドインスタンスを使用します。
B.
S3のPDFおよび.csvデータには、冗長性削減ストレージ(RRS)を使用します。スポットイ
ンスタンスをEMRジョブに追加します。
Amazon Redshiftのスポットインスタンスを使用します。
C. Amazon S3でPDFおよび.csvデータに冗長性削減ストレージ(RRS)を使用します。
Amazon EMRジョブにスポットインスタンスを追加します。 Amazon
Redshiftのリザーブドインスタンスを使用します。
D. Amazon S3のすべてのデータに冗長性削減ストレージ(RRS)を使用します。 Amazon
EMRジョブにスポットインスタンスを追加します。 Amazon
Redshiftのリザーブドインスタンスを使用します。
Answer: C
Explanation
Using Reduced Redundancy Storage Amazon S3 stores objects according to their storage class. It assigns the storage class to an object when it is written to Amazon S3. You can assign objects a specific storage class (standard or reduced redundancy) only when you write the objects to an Amazon S3 bucket or when you copy objects that are already stored in
Amazon S3. Standard is the default storage class. For information about storage classes, see Object Key and Metadata.
In order to reduce storage costs, you can use reduced redundancy storage for noncritical, reproducible data at lower levels of redundancy than Amazon S3 provides with standard storage. The lower level of redundancy results in less durability and availability, but in many cases, the lower costs can make reduced redundancy storage an acceptable storage solution. For example, it can be a cost-effective solution for sharing media content that is durably stored elsewhere. It can also make sense if you are storing thumbnails and other resized images that can be easily reproduced from an original image.
Reduced redundancy storage is designed to provide 99.99% durability of objects over a given year. This durability level corresponds to an average annual expected loss of 0.01% of objects. For example, if you store
10,000 objects using the RRS option, you can, on average, expect to incur an annual loss of a single object per year (0.01% of 10,000 objects).
Note:
This annual loss represents an expected average and does not guarantee the loss of less than 0.01% of objects in a given year.
Reduced redundancy storage stores objects on multiple devices across multiple facilities, providing 400 times the durability of a typical disk drive, but it does not replicate objects as many times as Amazon S3 standard storage. In addition, reduced redundancy storage is designed to sustain the loss of data in a single facility.
If an object in reduced redundancy storage has been lost, Amazon S3 will return a 405 error on requests made to that object. Amazon S3 also offers notifications for reduced redundancy storage object loss: you can configure your bucket so that when Amazon S3 detects the loss of an RRS object, a notification will be sent through Amazon Simple Notification Service
(Amazon SNS). You can then replace the lost object. To enable notifications, you can use the
Amazon S3 console to set the Notifications property of your bucket.

QUESTION NO: 3
企業は、サードパーティのSaaSアプリケーションを使用したいと考えています。
SaaSアプリケーションには、企業のアカウント内で実行されているAmazon
EC2リソースを検出するためにいくつかのAPIコマンドを発行するアクセス権が必要です。
企業には、環境への外部アクセスを必要とする内部セキュリティポリシーがあり、最小特権
の原則に準拠する必要があります。
SaaSベンダーが使用する資格情報を他の第三者が使用できないようにするための場所。
これらの条件をすべて満たすのは次のうちどれですか?
A.AWSマネジメントコンソールから、[セキュリティ認証情報]ページに移動し、アカウント
のアクセスキーとシークレットキーを取得します。
B.エンタープライズアカウント内にIAMユーザーを作成します。ユーザーポリシーをIAMユ
ーザーに割り当てます。これにより、SaaSアプリケーションが必要とするアクションのみ
がユーザーの新しいアクセスと秘密キーを作成し、これらの資格情報をSaaSプロバイダー
に提供します。
C.クロスアカウントアクセス用のIAMロールを作成すると、SaaSプロバイダーのアカウント
がロールを引き受け、SaaSアプリケーションに必要なアクションのみを許可するポリシー
を割り当てることができます。
D.EC2インスタンスのIAMロールを作成し、SaaSアプリケーションに必要なアクションのみ
が機能するポリシーを割り当て、アプリケーションインスタンスの起動時に使用するロール
ARNをSaaSプロバイダーに提供します。
Answer: C
Explanation
Granting Cross-account Permission to objects It Does Not Own
In this example scenario, you own a bucket and you have enabled other AWS accounts to upload objects. That is, your bucket can have objects that other AWS accounts own.
Now, suppose as a bucket owner, you need to grant cross-account permission on objects, regardless of who the owner is, to a user in another account. For example, that user could be a billing application that needs to access object metadata. There are two core issues:
The bucket owner has no permissions on those objects created by other AWS accounts. So for the bucket owner to grant permissions on objects it does not own, the object owner, the
AWS account that created the objects, must first grant permission to the bucket owner. The bucket owner can then delegate those permissions.
Bucket owner account can delegate permissions to users in its own account but it cannot delegate permissions to other AWS accounts, because cross-account delegation is not supported.
In this scenario, the bucket owner can create an AWS Identity and Access Management
(IAM) role with permission to access objects, and grant another AWS account permission to assume the role temporarily enabling it to access objects in the bucket.
Background: Cross-Account Permissions and Using IAM Roles
IAM roles enable several scenarios to delegate access to your resources, and cross-account access is one of the key scenarios. In this example, the bucket owner, Account A, uses an
IAM role to temporarily delegate object access cross-account to users in another AWS account, Account
C. Each IAM role you create has two policies attached to it:
A trust policy identifying another AWS account that can assume the role.
An access policy defining what permissions-for example, s3:GetObject-are allowed when someone assumes the role. For a list of permissions you can specify in a policy, see
Specifying Permissions in a Policy.
The AWS account identified in the trust policy then grants its user permission to assume the role. The user can then do the following to access objects:
Assume the role and, in response, get temporary security credentials.
Using the temporary security credentials, access the objects in the bucket.
For more information about IAM roles, go to Roles (Delegation and Federation) in IAM User
Guide.
The following is a summary of the walkthrough steps:
Account A administrator user attaches a bucket policy granting Account B conditional permission to upload objects.
Account A administrator creates an IAM role, establishing trust with Account C, so users in that account can access Account
A. The access policy attached to the role limits what user in Account C can do when the user accesses Account A.
Account B administrator uploads an object to the bucket owned by Account A, granting full- control permission to the bucket owner.
Account C administrator creates a user and attaches a user policy that allows the user to assume the role.
User in Account C first assumes the role, which returns the user temporary security credentials. Using those temporary credentials, the user then accesses objects in the bucket.
For this example, you need three accounts. The following table shows how we refer to these accounts and the administrator users in these accounts. Per IAM guidelines (see About
Using an Administrator User to Create Resources and Grant Permissions) we do not use the account root credentials in this walkthrough. Instead, you create an administrator user in each account and use those credentials in creating resources and granting them permissions

QUESTION NO: 4
ソリューションアーキテクトは、WindowsサーバーとLinuxサーバーの大規模な混合フリー
トに対するパッチ計画を確立する必要があります。
パッチ適用計画は、安全に実装し、監査の準備を整え、会社のビジネス要件に準拠する必要
があります。
どのオプションが最小限の労力でこれらの要件を満たしますか?
A.
OSネイティブのパッチ適用サービスをインストールして使用し、すべてのインスタンスの
更新頻度とリリース承認を管理します。 AWS
Configを使用して、各インスタンスのOS状態を確認し、パッチコンプライアンスの問題を
報告します。
B.すべてのインスタンスでAWS Systems
Managerを使用して、パッチを管理します。本番環境以外でパッチをテストし、適切な承認
を得てメンテナンス期間中に展開します。
C. AWS OpsWorks for Chef
Automateを使用して、特定のタイプのすべてのインスタンスを反復処理する一連のスクリ
プトを実行します。適切なOSコマンドを発行して、メンテナンスウィンドウ中に必要な再
起動を含め、各インスタンスの更新を取得およびインストールします。
D.すべてのアプリケーションをAWS
OpsWorksに移行し、OpsWorks自動パッチサポートを使用して、初期インストール後にOS
を最新の状態に保ちます。 AWS
Configを使用して、監査およびコンプライアンスのレポートを提供します。
Answer: B

QUESTION NO: 5
ユーザーは、次のようにトラフィックを許可する2つのセキュリティグループを構成してい
ます:1:SecGrp1:
0.0.0.0/0の場合はポート80での着信0.0.0.0/0の場合はポート22での着信2:SecGrp2:
10.10.10.1/32のポート22で受信
両方のセキュリティグループが同じインスタンスに関連付けられている場合、以下の記述の
どちらが当てはまりますか?
A.1つのインスタンスに複数のセキュリティグループを割り当てることはできません
B.競合するルールを持つセキュリティグループを作成することはできません。
AWSはリクエストを拒否します
C.ポート22と80の両方のすべてのユーザーに着信トラフィックを許可します
D.IP
10.10.10.1のポート22およびポート80のすべてのユーザーの受信トラフィックを許可します
Answer: C
Explanation
A user can attach more than one security group to a single EC2 instance. In this case, the rules from each security group are effectively aggregated to create one set of rules. AWS uses this set of rules to determine whether to allow access or not. Thus, here the rule for port
22 with IP 10.10.10.1/32 will merge with IP
0.0.0.0/0 and open ports 22 and 80 for all.
http://docs.aws.amazon.com/AWSEC2/latest/UserGuide/using-network-security.html

Cisco 200-301J - NewValidDumpsの学習教材はいろいろな狙いを含まれていますし、カバー率が高いですから、初心者にしても簡単に身に付けられます。 Cisco 300-615 - ためらわずに速くあなたのショッピングカートに入れてください。 NewValidDumpsのAmazonのPMI PMP-KR問題集が君の認定試験に合格するのに大変役に立ちます。 NewValidDumpsのAmazonのMicrosoft AZ-500試験トレーニング資料はインターネットでの全てのトレーニング資料のリーダーです。 ご心配なく、NewValidDumpsのAmazonのVMware 2V0-21.19D-JPN試験トレーニング資料を手に入れるなら、ITに関する認定試験はなんでも楽に合格できます。

Updated: Oct 23, 2020

AWS-Solutions-Architect-Professional-JPN無料過去問 - AWS-Solutions-Architect-Professional-JPN復習攻略問題 & Aws Certified Solutions Architect Professional Aws Solutions Architect Professional日本語版

PDF問題と解答

試験コード:AWS-Solutions-Architect-Professional-JPN
試験名称:AWS Certified Solutions Architect - Professional (AWS-Solutions-Architect-Professional日本語版)
最近更新時間:2020-10-24
問題と解答:全 355
Amazon AWS-Solutions-Architect-Professional-JPN 専門試験

  ダウンロード


 

模擬試験

試験コード:AWS-Solutions-Architect-Professional-JPN
試験名称:AWS Certified Solutions Architect - Professional (AWS-Solutions-Architect-Professional日本語版)
最近更新時間:2020-10-24
問題と解答:全 355
Amazon AWS-Solutions-Architect-Professional-JPN 参考書勉強

  ダウンロード


 

オンライン版

試験コード:AWS-Solutions-Architect-Professional-JPN
試験名称:AWS Certified Solutions Architect - Professional (AWS-Solutions-Architect-Professional日本語版)
最近更新時間:2020-10-24
問題と解答:全 355
Amazon AWS-Solutions-Architect-Professional-JPN 日本語参考

  ダウンロード


 

AWS-Solutions-Architect-Professional-JPN 練習問題

AWS-Solutions-Architect-Professional-JPN 日本語認定対策 関連認定
AWS-Solutions-Architect-Professional-JPN 認証試験 関連試験