AWS-DevOps-JPNトレーニング 資格取得

IT認定試験の中でどんな試験を受けても、NewValidDumpsのAWS-DevOps-JPNトレーニング試験参考資料はあなたに大きなヘルプを与えることができます。それは NewValidDumpsのAWS-DevOps-JPNトレーニング問題集には実際の試験に出題される可能性がある問題をすべて含んでいて、しかもあなたをよりよく問題を理解させるように詳しい解析を与えますから。真剣にNewValidDumpsのAmazon AWS-DevOps-JPNトレーニング問題集を勉強する限り、受験したい試験に楽に合格することができるということです。 これはあなたがAWS-DevOps-JPNトレーニング認定試験に合格できる保障です。この資料が欲しいですか。 その中で、AWS-DevOps-JPNトレーニング認定試験は最も重要な一つです。

AWS Certified DevOps Engineer AWS-DevOps-JPN 早速買いに行きましょう。

AWS-DevOps-JPN - AWS Certified DevOps Engineer - Professional (DOP-C01) (AWS-DevOps日本語版)トレーニング認定試験は現在で本当に人気がある試験ですね。 NewValidDumpsのAmazonのAWS-DevOps-JPN 日本語講座試験トレーニング資料はAmazonのAWS-DevOps-JPN 日本語講座認定試験を準備するのリーダーです。NewValidDumpsの AmazonのAWS-DevOps-JPN 日本語講座試験トレーニング資料は高度に認証されたIT領域の専門家の経験と創造を含めているものです。

NewValidDumpsの学習教材はベストセラーになって、他のサイトをずっと先んじています。私たちのAmazonのAWS-DevOps-JPNトレーニング問題集を使ったら、AmazonのAWS-DevOps-JPNトレーニング認定試験に合格できる。NewValidDumpsを選んだら、成功を選ぶのに等しいです。

Amazon AWS-DevOps-JPNトレーニング - NewValidDumpsを選ぶなら、絶対に後悔させません。

我々の承諾だけでなく、お客様に最も全面的で最高のサービスを提供します。AmazonのAWS-DevOps-JPNトレーニングの購入の前にあなたの無料の試しから、購入の後での一年間の無料更新まで我々はあなたのAmazonのAWS-DevOps-JPNトレーニング試験に一番信頼できるヘルプを提供します。AmazonのAWS-DevOps-JPNトレーニング試験に失敗しても、我々はあなたの経済損失を減少するために全額で返金します。

NewValidDumpsはAmazonのAWS-DevOps-JPNトレーニング試験トレーニング資料を提供する専門的なサイトです。NewValidDumpsの AmazonのAWS-DevOps-JPNトレーニング試験トレーニング資料は高度に認証されたIT領域の専門家の経験と創造を含めているものです。

AWS-DevOps-JPN PDF DEMO:

QUESTION NO: 1
DevOpsエンジニアは、AWS Systems
Manager(SSM)を使用して、ハイブリッドクラウド環境でWindowsベースのワークステー
ションのパッチ適用を自動化する実装をリードしています。
この環境でパッチを自動化するために、Systems
Managerをセットアップするために、エンジニアはどのような手順に従うべきですか?
(2つ選択します。)
A.ssm.amazonaws.comサービスがすべてのインスタンスでAssumeRole操作を実行できる
ように、Systems
Managerに複数のIAMサービスロールを作成します。リソースごとのレベルでロールを登録
して、サービストークンの作成を有効にします。新しく作成されたサービスロールを各管理
対象インスタンスに接続して、管理対象インスタンスのアクティブ化を実行します。
B.Systems
ManagerのIAMサービスロールを作成して、ssm.amazonaws.comサービスがAssumeRole操
作を実行できるようにします。ロールを登録して、サービストークンの作成を有効にします
。新しく作成されたサービスロールで管理対象インスタンスのアクティブ化を実行します。
C.以前に取得したアクティベーションコードとアクティベーションIDを使用して、ハイブリ
ッドサーバーにSSMエージェントをダウンロードしてインストールし、Systems
Managerサービスにサーバーまたは仮想マシンを登録します。ハイブリッドインスタンスは
、SSMコンソールに「mi-」プレフィックス付きで表示されます。
D.以前に取得したアクティベーションコードとアクティベーションIDを使用して、ハイブリ
ッドサーバーにSSMエージェントをダウンロードしてインストールし、Systems
Managerサービスにサーバーまたは仮想マシンを登録します。ハイブリッドインスタンスは
、通常のAmazon
EC2インスタンスとしてプロビジョニングされているかのように、SSMコンソールに「i-
」プレフィックスを付けて表示されます。
E.AWS
Configを実行して、パッチが適用されておらず、準拠していないインスタンスのリストを作
成します。インスタンススケジューラジョブを作成し、AWS
Lambda関数を使用して、インスタンスのパッチを実行してコンプライアンスに準拠させま
す。
Answer: B C
Explanation
https://docs.aws.amazon.com/systems-manager/latest/userguide/sysman-managed- instance-activation.html
https://docs.aws.amazon.com/systems-manager/latest/userguide/sysman-install-managed- win.html

QUESTION NO: 2
企業は、モバイルアプリの構築とテストのためにCI /
CDパイプラインを実装したいと考えています。
DevOpsエンジニアには次の要件が与えられています。AWSCodePipelineを使用してワーク
フローを調整します。実際のデバイスでアプリケーションをテストします。通知をトリガー
します。別のアカウントの実稼働バケットにアプリケーションバイナリをステージングしま
す。アプリケーションのバイナリを公開アクセス可能にします。要件を満たすために、エン
ジニアはパイプラインでどのアクションを実行する必要がありますか?
A.AWS CodeCommitをコードソースとして使用し、AWS
CodeDeployを使用してアプリケーションをコンパイルおよびパッケージ化します。
CodeDeployを使用して、テスト用にアプリケーションバイナリをAWS
Lambda関数にデプロイします。
AWS
Lambdaでサードパーティライブラリを使用して、デバイスプラットフォームをシミュレー
トします。 Lambdaロールが本番Amazon
S3バケットにアップロードできるようにします。バイナリを公開アクセス可能にします。
Amazon SNSを使用して通知をトリガーします。
B.GitHubをコードソースとして使用し、AWS
Lambdaを使用してアプリケーションをコンパイルおよびパッケージ化します。別のLambda
関数を使用して単体テストを実行し、アプリケーションバイナリを開発バケットに配信しま
す。開発バケットのバイナリを使用して、テスト用に個人用デバイスにアプリケーションを
インストールします。承認後にバイナリを本番バケットに配信します。 Amazon
SNSを使用して通知をトリガーします。
C.コードソースおよびAWS CodeBuildとしてAmazon
S3バケットを使用して、アプリケーションをコンパイルおよびパッケージ化します。 AWS
CodeDeployを使用して、テストのためにアプリケーションバイナリをデバイスファームに
デプロイします。バイナリを運用S3バケットに配信します。
S3バケットポリシーを使用して、本番S3バケットでのパブリック読み取りを許可します。
Amazon SNSでAmazon CloudWatch Eventsルールを使用して通知をトリガーします。
D.AWS CodeCommitをコードソースとして使用し、AWS
CodeBuildを使用してアプリケーションをコンパイルおよびパッケージ化します。テストの
ためにアプリケーションバイナリをデバイスファームにアップロードするAWS
Lambda関数を呼び出します。バイナリを本番Amazon S3バケットに配信します。
S3バケットポリシーを使用して、本番S3バケットでのパブリック読み取りを許可します。
Amazon CloudWatch Eventsルールを使用して通知をトリガーします。
Answer: D

QUESTION NO: 3
会社には複数のAWSアカウントがあります。アカウントは、主にAmazon
EC2インスタンス用に、世界中の複数のチームで共有および使用されます。各EC2インスタ
ンスには、チーム、環境、およびコストセンターのタグがあり、正確なコスト配分を保証し
ます。
DevOpsエンジニアは、チームがコストを監査し、複数の共有環境とアカウントにわたるイ
ンフラストラクチャコストの最適化を自動化するのにどのように役立つべきですか?
A.
EC2インスタンスでスケジュールされたスクリプトを設定して、使用率を報告し、インスタ
ンスをAmazon
DynamoDBテーブルに保存します。ソースデータとしてDynamoDBを使用してAmazon
QuickSightでダッシュボードを作成し、十分に活用されていないインスタンスを見つけます
。 AWS LambdaでAmazon
QuickSightからトリガーを設定して、使用率の低いインスタンスを減らします。
B.コストセンター、環境、およびチームに基づいてEC2インスタンスタグ用に個別のAmazo
n
CloudWatchダッシュボードを作成し、各チームの一意のリンクを使用してインスタンスタ
グを発行します。チームごとに、CloudWatchダッシュボードをソースとしてCloudWatchイ
ベントルールを設定し、AWS
Lambda関数を開始するトリガーを設定して、使用率の低いインスタンスを減らします。
C. AWS Trusted Advisorを使用率の低いEC2インスタンスのソースとしてAmazon
CloudWatch
Eventsルールを作成します。各チーム、環境、およびコストセンターのタグに基づいてレポ
ートされたデータをフィルターで除外するAWS
Lambda関数をトリガーし、Lambda関数をAmazon
S3に保存します。使用率の低いインスタンスを減らすためにLambda関数を開始する2番目
のトリガーを設定します。
D. AWS Systems
Managerを使用してインスタンスの使用率を追跡し、使用率の低いインスタンスをAmazon
CloudWatchに報告します。チーム、環境、コストセンターのタグに基づいてCloudWatchで
データをフィルターします。 CloudWatchからAWS
Lambdaにトリガーを設定して、使用率の低いインスタンスを減らします
Answer: C
Explanation
https://github.com/aws/Trusted-Advisor-Tools/tree/master/LowUtilizationEC2Instances
https://docs.aws.amazon.com/quicksight/latest/user/supported-data-sources.html

QUESTION NO: 4
DevOpsエンジニアは、Amazon
EC2で実行される大規模な商用Webサイトを管理します。ウェブサイトは、Amazon Kinesis
Data
Streamsを使用してウェブログを収集および処理します。エンジニアは、EC2上でも実行さ
れるKinesisコンシューマーアプリケーションを管理します。データのスパイクにより、Kine
sisコンシューマーアプリケーションが遅れ、ストリームは処理前にレコードをドロップしま
す。
ストリーム処理を改善する最速の方法は何ですか?
A.Kinesisコンシューマーアプリケーションを変更して、ログをAmazon
S3に永続的に保存します。 Amazon
EMRを使用してS3でデータを直接処理し、顧客の洞察を導き出し、結果をS3に保存します

B.GetRecord.IteratorAgeMiliseconds Amazon
CloudWatchメトリックスに基づいてEC2インスタンスを追加して、Kinesisコンシューマー
アプリケーションを水平方向にスケーリングします。 Kinesis Data
Streamsの保持期間を延長します。
C.Kinesisコンシューマーアプリケーションを変換して、AWS
Lambda関数として実行します。 Kinesis Data
StreamsをLambda関数のイベントソースとして設定し、データストリームを処理します。
D.消費者がデータをより速く処理できるように、Kinesis Data
Streamsのシャードの数を増やして全体的なスループットを増やします。
Answer: B

QUESTION NO: 5
会社は、AWS Elastic
Beanstalkロードバランシングおよび自動スケーリング環境にウェブサイトを持っています

この環境には、データベースリソースとして設定されたAmazon RDS
MySQLインスタンスがあります。トラフィックが突然増加した後、Webサイトはトラフィ
ックをドロップし始めました。管理者は、一部のインスタンスのアプリケーションがメモリ
不足エラーの結果として応答しないことを発見しました。 Classic Load
Balancerはそれらのインスタンスをアウトオブサービスとしてマークし、Elastic
Beanstalk拡張ヘルスレポートのヘルスステータスが低下します。
ただし、Elastic Beanstalkはこれらのインスタンスを置き換えませんでした。 Classic Load
Balancerの背後にある容量の減少により、顧客のアプリケーション応答時間は遅くなります

この問題を永久に修正するアクションはどれですか?
A.Elastic
Beanstalk環境のクローンを作成します。新しい環境が起動したら、CNAMEを交換し、以前
の環境を終了します。
B.Auto
Scalingグループのインスタンスの最大数を一時的に変更して、グループがより多くのトラ
フィックをサポートできるようにします。
C.Auto Scalingグループヘルスチェックの設定をAmazon EC2からElastic Load
Balancingに変更し、グループの容量を増やします。
D.メモリがいっぱいになったときにウェブサーバープロセスを制限するためのcronスクリプ
トを記述し、AWS Systems Managerでデプロイします。
Answer: C

自分の能力を証明するために、ServiceNow PR000370試験に合格するのは不可欠なことです。 あなたの愛用する版を利用して、あなたは簡単に最短時間を使用してAmazonのOracle 1Z0-082-JPN試験に合格することができ、あなたのIT機能を最も権威の国際的な認識を得ます! SAP C-THR87-2005 - 我々NewValidDumpsは一番行き届いたアフタサービスを提供します。 我々NewValidDumpsの提供するAmazonのAdobe AD0-E101の復習資料はあなたを助けて一番短い時間であなたに試験に合格させることができます。 我々社サイトのAmazon CompTIA CS0-002問題庫は最新かつ最完備な勉強資料を有して、あなたに高品質のサービスを提供するのはCompTIA CS0-002資格認定試験の成功にとって唯一の選択です。

Updated: Jul 01, 2020

AWS-DevOps-JPNトレーニング - Amazon Aws Certified Devops Engineer Professional Dop C01 Aws Devops日本語版日本語版参考書

PDF問題と解答

試験コード:AWS-DevOps-JPN
試験名称:AWS Certified DevOps Engineer - Professional (DOP-C01) (AWS-DevOps日本語版)
最近更新時間:2020-07-03
問題と解答:全 443
Amazon AWS-DevOps-JPN 資格模擬

  ダウンロード


 

模擬試験

試験コード:AWS-DevOps-JPN
試験名称:AWS Certified DevOps Engineer - Professional (DOP-C01) (AWS-DevOps日本語版)
最近更新時間:2020-07-03
問題と解答:全 443
Amazon AWS-DevOps-JPN 資格問題集

  ダウンロード


 

オンライン版

試験コード:AWS-DevOps-JPN
試験名称:AWS Certified DevOps Engineer - Professional (DOP-C01) (AWS-DevOps日本語版)
最近更新時間:2020-07-03
問題と解答:全 443
Amazon AWS-DevOps-JPN 合格資料

  ダウンロード


 

AWS-DevOps-JPN 日本語問題集