SAP-C01-JPNコンポーネント 資格取得

NewValidDumpsにたくさんのIT専門人士がいって、弊社の問題集に社会のITエリートが認定されて、弊社の問題集は試験の大幅カーバして、合格率が100%にまで達します。弊社のみたいなウエブサイトが多くても、彼たちは君の学習についてガイドやオンラインサービスを提供するかもしれないが、弊社はそちらにより勝ちます。NewValidDumpsは同業の中でそんなに良い地位を取るの原因は弊社のかなり正確な試験の練習問題と解答そえに迅速の更新で、このようにとても良い成績がとられています。 あなたはそれをやったことができましたか。NewValidDumpsのAmazonのSAP-C01-JPNコンポーネント試験トレーニング資料は成功したいIT職員のために作成されたのです。 AmazonのSAP-C01-JPNコンポーネント試験に合格することは容易なことではなくて、良い訓練ツールは成功の保証でNewValidDumpsは君の試験の問題を準備してしまいました。

AWS Certified Solutions Architect SAP-C01-JPN Amazonの試験はどうですか。

NewValidDumpsはとても良い選択で、SAP-C01-JPN - AWS Certified Solutions Architect - Professional (SAP-C01日本語版)コンポーネントの試験を最も短い時間に縮められますから、あなたの費用とエネルギーを節約することができます。 NewValidDumpsを選んび、成功を選びます。NewValidDumpsのAmazonのSAP-C01-JPN 出題内容試験トレーニング資料は豊富な経験を持っているIT専門家が研究したもので、問題と解答が緊密に結んでいるものです。

あなたはキャリアで良い昇進のチャンスを持ちたいのなら、NewValidDumpsのAmazonのSAP-C01-JPNコンポーネント「AWS Certified Solutions Architect - Professional (SAP-C01日本語版)」試験トレーニング資料を利用してAmazonの認証の証明書を取ることは良い方法です。現在、AmazonのSAP-C01-JPNコンポーネント認定試験に受かりたいIT専門人員がたくさんいます。NewValidDumpsの試験トレーニング資料はAmazonのSAP-C01-JPNコンポーネント認定試験の100パーセントの合格率を保証します。

Amazon SAP-C01-JPNコンポーネント - その権威性は言うまでもありません。

NewValidDumpsは優れたIT情報のソースを提供するサイトです。NewValidDumpsで、あなたの試験のためのテクニックと勉強資料を見つけることができます。NewValidDumpsのAmazonのSAP-C01-JPNコンポーネント試験トレーニング資料は豊富な知識と経験を持っているIT専門家に研究された成果で、正確度がとても高いです。NewValidDumpsに会ったら、最高のトレーニング資料を見つけました。NewValidDumpsのAmazonのSAP-C01-JPNコンポーネント試験トレーニング資料を持っていたら、試験に対する充分の準備がありますから、安心に利用したください。

弊社のAmazonのSAP-C01-JPNコンポーネント試験問題集を買うかどうかまだ決めていないなら、弊社のデモをやってみよう。使用してから、あなたは弊社の商品でAmazonのSAP-C01-JPNコンポーネント試験に合格できるということを信じています。

SAP-C01-JPN PDF DEMO:

QUESTION NO: 1
次のうち、DynamoDBコンソールに当てはまらないものはどれですか?
A.ローカルセカンダリインデックスを既存のテーブルに追加できます。
B.テーブルを照会できます。
C.アラームを設定して、テーブルの容量の使用状況を監視できます。
D.テーブルに保存されているアイテムを表示し、アイテムを追加、更新、削除できます。
Answer: A
Explanation
The DynamoDB Console lets you do the following: Create, update, and delete tables. The throughput calculator provides you with estimates of how many capacity units you will need to request based on the usage information you provide. View items stored in a tables, add, update, and delete items. Query a table. Set up alarms to monitor your table's capacity usage. View your table's top monitoring metrics on real-time graphs from CloudWatch. View alarms configured for each table and create custom alarms.html.

QUESTION NO: 2
開発(開発)およびテスト環境をAWSに移行することを検討しています。各環境をホスト
するために別々のAWSアカウントを使用することにしました。一括請求を使用して、各ア
カウントの請求書をマスターAWSアカウントにリンクする予定です。予算内に収まるよう
にするには、マスターアカウントの管理者がDevアカウントとTestアカウントの両方でリソ
ースを停止、削除、および/または終了できるようにする方法を実装します。
この目標を達成できるオプションを特定します。
A.完全な管理者権限を持つマスターアカウントでIAMユーザーを作成します。マスターアカ
ウントからアクセス許可を継承することにより、マスターアカウントにアカウント内のリソ
ースへのアクセスを許可する、クロスアカウントロールを開発アカウントとテストアカウン
トに作成します。
B.マスターアカウントにIAMユーザーとクロスアカウントロールを作成し、開発アカウント
とテストアカウントに完全な管理者権限を付与します。
C.マスターアカウントでIAMユーザーを作成します。完全な管理者権限を持つDevアカウン
トとTestアカウントでクロスアカウントロールを作成し、マスターアカウントにアクセスを
許可します。
D.一括請求を使用してアカウントをリンクします。これにより、マスターアカウントのIAM
ユーザーは、開発およびテストアカウントのリソースにアクセスできます。
Answer: C
Explanation
Bucket Owner Granting Cross-account Permission to objects It Does Not Own In this example scenario, you own a bucket and you have enabled other AWS accounts to upload objects. That is, your bucket can have objects that other AWS accounts own.
Now, suppose as a bucket owner, you need to grant cross-account permission on objects, regardless of who the owner is, to a user in another account. For example, that user could be a billing application that needs to access object metadata. There are two core issues:
The bucket owner has no permissions on those objects created by other AWS accounts. So for the bucket owner to grant permissions on objects it does not own, the object owner, the
AWS account that created the objects, must first grant permission to the bucket owner. The bucket owner can then delegate those permissions.
Bucket owner account can delegate permissions to users in its own account but it cannot delegate permissions to other AWS accounts, because cross-account delegation is not supported.
In this scenario, the bucket owner can create an AWS Identity and Access Management
(IAM) role with permission to access objects, and grant another AWS account permission to assume the role temporarily enabling it to access objects in the bucket.
Background: Cross-Account Permissions and Using IAM Roles
IAM roles enable several scenarios to delegate access to your resources, and cross-account access is one of the key scenarios. In this example, the bucket owner, Account A, uses an
IAM role to temporarily delegate object access cross-account to users in another AWS account, Account
C. Each IAM role you create has two policies attached to it:
A trust policy identifying another AWS account that can assume the role.
An access policy defining what permissions-for example, s3:GetObject-are allowed when someone assumes the role. For a list of permissions you can specify in a policy, see
Specifying Permissions in a Policy.
The AWS account identified in the trust policy then grants its user permission to assume the role. The user can then do the following to access objects:
Assume the role and, in response, get temporary security credentials.
Using the temporary security credentials, access the objects in the bucket.
For more information about IAM roles, go to Roles (Delegation and Federation) in IAM User
Guide.
The following is a summary of the walkthrough steps:
Account A administrator user attaches a bucket policy granting Account B conditional permission to upload objects.
Account A administrator creates an IAM role, establishing trust with Account C, so users in that account can access Account
A. The access policy attached to the role limits what user in Account C can do when the user accesses Account A.
Account B administrator uploads an object to the bucket owned by Account A, granting full- control permission to the bucket owner.
Account C administrator creates a user and attaches a user policy that allows the user to assume the role.
User in Account C first assumes the role, which returns the user temporary security credentials. Using those temporary credentials, the user then accesses objects in the bucket.
For this example, you need three accounts. The following table shows how we refer to these accounts and the administrator users in these accounts. Per IAM guidelines (see About
Using an Administrator User to Create Resources and Grant Permissions) we do not use the account root credentials in this walkthrough. Instead, you create an administrator user in each account and use those credentials in creating resources and granting them permissions

QUESTION NO: 3
米国にあるAWS Direct
Connectによる米国のリモートAWSリージョンへのアクセスについて、どのステートメント
が当てはまりませんか?
A.米国のAWS Direct
Connectロケーションは、米国のどの地域のパブリックリソースにもアクセスできます。
B.単一のAWS Direct Connect接続を使用して、マルチリージョンサービスを構築できます。
C.リモートリージョンからのデータ転送は、AWS Direct
Connectデータ転送レートの場所で請求されます。
D.リモート地域のVPCに接続するには、パブリック仮想インターフェイス経由で仮想プライ
ベートネットワーク(VPN)接続を使用できます。
Answer: C
Explanation
AWS Direct Connect locations in the United States can access public resources in any US region. You can use a single AWS Direct Connect connection to build multi-region services.
To connect to a VPC in a remote region, you can use a virtual private network (VPN) connection over your public virtual interface.
To access public resources in a remote region, you must set up a public virtual interface and establish a border gateway protocol (BGP) session. Then your router learns the routes of the other AWS regions in the US. You can then also establish a VPN connection to your VPC in the remote region.
Any data transfer out of a remote region is billed at the remote region data transfer rate.
http://docs.aws.amazon.com/directconnect/latest/UserGuide/remote_regions.html

QUESTION NO: 4
ユーザーがウィザードを使用してCIDR
20.0.0.0/16でVPCを作成しました。ユーザーは、パブリックサブネットCIDR(20.0.0.0/24
)とVPNのみのサブネットCIDR(20.0.1.0/24)をVPNゲートウェイ(vgw-123456)ととも
に作成し、ユーザーのデータセンターに接続しました。ユーザーのデータセンターにはCID
R
172.28.0.0/12があります。ユーザーは、VPNサブネットからインターネットへのトラフィッ
クを許可するNATインスタンス(i-123456)もセットアップしました。
このシナリオのメインルートテーブルの有効なエントリではない下記のオプションはどれで
すか?
A.宛先:20.0.0.0/16およびターゲット:ローカル
B.宛先:0.0.0.0/0およびターゲット:i-123456
C.宛先:172.28.0.0/12およびターゲット:vgw-123456
D.宛先:20.0.1.0/24およびターゲット:i-123456
Answer: D
Explanation
The user can create subnets as per the requirement within a VPC. If the user wants to connect VPC from his own data centre, he can setup a public and VPN only subnet which uses hardware VPN access to connect with his data centre. When the user has configured this setup with Wizard, it will create a virtual private gateway to route all traffic of the VPN subnet. If the user has setup a NAT instance to route all the internet requests, then all requests to the internet should be routed to it. All requests to the organization's DC will be routed to the VPN gateway. Here are the valid entries for the main route table in this scenario:
Destination: 0.0.0.0/0 & Target: i-123456 (To route all internet traffic to the NAT Instance)
Destination:
172.28.0.0/12 & Target: vgw-123456 (To route all the organization's data centre traffic to the
VPN gateway) Destination: 20.0.0.0/16 & Target: local (To allow local routing in VPC)
http://docs.aws.amazon.com/AmazonVPC/latest/UserGuide/VPC_Scenario3.html

QUESTION NO: 5
会社のCFOは、従業員の1人にAWS使用状況レポートページのみの表示を許可したいと考え
ています。
下記のIAMポリシーステートメントのうち、ユーザーがAWS使用レポートページにアクセス
できるのはどれですか?
A. "Effect": "Allow", "Action": ["Describe"], "Resource": "Billing"
B. "Effect": "Allow", "Action": ["aws-portal: ViewBilling"], "Resource": "*"
C. "Effect": "Allow", "Action": ["aws-portal: ViewUsage"], "Resource": "*"
D. "Effect": "Allow", "Action": ["AccountUsage], "Resource": "*"
Answer: C
Explanation
AWS Identity and Access Management is a web service which allows organizations to manage users and user permissions for various AWS services. If the CFO wants to allow only AWS usage report page access, the policy for that IAM user will be as given below:
{
"Version": "2012-10-17",
"Statement": [
{
"Effect": "Allow", "Action": [
"aws-portal:ViewUsage"
],
"Resource": "*"
}
]
}
http://docs.aws.amazon.com/awsaccountbilling/latest/aboutv2/billing-permissions-ref.html

ATLASSIAN ACP-600 - これは試験の準備をするために非常に効率的なツールですから。 我々はあなたのAmazonのSAP C_C4C30_1711試験への成功を確保しているだけでなく、楽な準備過程と行き届いたアフターサービスを承諾しています。 Salesforce Pardot-Consultant - 気楽に試験に合格したければ、はやく試しに来てください。 我々はAmazonのCIMA BA1のような重要な試験を準備しているあなたに一番全面的で有効なヘルプを提供します。 一回だけでAmazonのSAP C_THR87_1908試験に合格したい?NewValidDumpsは君の欲求を満たすために存在するのです。

Updated: Dec 11, 2019

SAP-C01-JPNコンポーネント - SAP-C01-JPN模擬対策問題、Aws Certified Solutions Architect Professional Sap C01日本語版

PDF問題と解答

試験コード:SAP-C01-JPN
試験名称:AWS Certified Solutions Architect - Professional (SAP-C01日本語版)
最近更新時間:2019-12-12
問題と解答:全 558
Amazon SAP-C01-JPN 模試エンジン

  ダウンロード


 

模擬試験

試験コード:SAP-C01-JPN
試験名称:AWS Certified Solutions Architect - Professional (SAP-C01日本語版)
最近更新時間:2019-12-12
問題と解答:全 558
Amazon SAP-C01-JPN 試験勉強書

  ダウンロード


 

オンライン版

試験コード:SAP-C01-JPN
試験名称:AWS Certified Solutions Architect - Professional (SAP-C01日本語版)
最近更新時間:2019-12-12
問題と解答:全 558
Amazon SAP-C01-JPN 再テスト

  ダウンロード


 

SAP-C01-JPN 資格参考書