70-467J認定試験トレーリング 資格取得

我々のMicrosoftの70-467J認定試験トレーリングソフトを利用してお客様の高通過率及び我々の技術の高いチームで、我々は自信を持って我々NewValidDumpsは専門的なのだと言えます。アフターサービスは会社を評価する重要な基準です。これをよくできるために、我々は全日24時間のサービスを提供します。 あなたは復習資料に悩んでいるかもしれません。我々NewValidDumpsの提供するMicrosoftの70-467J認定試験トレーリングソフトを利用して自分の圧力を減少しましょう。 我々もオンライン版とソフト版を提供します。

Microsoft SQL Server 2012 70-467J 我が社のサービスもいいです。

70-467J - Designing Business Intelligence Solutions with Microsoft SQL Server (70-467日本語版)認定試験トレーリング問題集のカーバー率が高いので、勉強した問題は試験に出ることが多いです。 試験にパースする原因は我々問題集の全面的で最新版です。どのようにMicrosoft 70-467J 日本語受験教科書試験に準備すると悩んでいますか。

NewValidDumpsにたくさんのIT専門人士がいって、弊社の問題集に社会のITエリートが認定されて、弊社の問題集は試験の大幅カーバして、合格率が100%にまで達します。弊社のみたいなウエブサイトが多くても、彼たちは君の学習についてガイドやオンラインサービスを提供するかもしれないが、弊社はそちらにより勝ちます。NewValidDumpsは同業の中でそんなに良い地位を取るの原因は弊社のかなり正確な試験の練習問題と解答そえに迅速の更新で、このようにとても良い成績がとられています。

Microsoft 70-467J認定試験トレーリング - こうして、君は安心で試験の準備を行ってください。

NewValidDumpsのMicrosoftの70-467J認定試験トレーリングの試験問題は同じシラバスに従って、実際のMicrosoftの70-467J認定試験トレーリング認証試験にも従っています。弊社はずっとトレーニング資料をアップグレードしていますから、提供して差し上げた製品は一年間の無料更新サービスの景品があります。あなたはいつでもサブスクリプションの期間を延長することができますから、より多くの時間を取って充分に試験を準備できます。NewValidDumpsというサイトのトレーニング資料を利用するかどうかがまだ決まっていなかったら、NewValidDumpsのウェブで一部の試験問題と解答を無料にダウンローしてみることができます。あなたに向いていることを確かめてから買うのも遅くないですよ。あなたが決して後悔しないことを保証します。

専門的な知識が必要で、もしあなたはまだこの方面の知識を欠かれば、NewValidDumpsは君に向ける知識を提供いたします。NewValidDumpsの専門家チームは彼らの知識や経験を利用してあなたの知識を広めることを助けています。

70-467J PDF DEMO:

QUESTION NO: 1
レポートの作成者のグループはレポートを開発しています。レポートの作成者は現在、レポ
ートビルダ1.0を使用して、モデルを報告します。レポートライタはSQL
Serverのクエリの書き込みで訓練されていません。彼らのレポートの割り当ては、組織内の
さまざまな部署から来ます。
同社はネイティブモードでSQL Serverレポートサービス(SSRS)を使用してSQL Server
2012にアップグレードされています。アップグレード後、レポートはSQL
Server2012データベースエンジンのインスタンスに常駐する大きな新しいデータウェアハウ
スからデータを取得します。各部門のレポートはデータウェアハウスの表のサブセットのみ
からデータを取得します。
データアクセス戦略を設計しています。次の要件を持っています:
-
レポートの作成者は彼らが表示するデータベースのアクセス権を持っているデータを表示す
るレポートのみを作成できることを確認します。 -
レポートの作成者によって開発されたすべてのレポートのための接続文字列を更新するのに
必要な作業量を最小限に抑えます。 -
複数の部門のために働くレポート作家のための特定のレポートに表示フィールドの数を最小
限に抑えます。
データアクセス戦略を設計する必要があります。
何をするべきですか。(複数の選択肢が目標を達成することができます。最良の答えを選択
してください。)
A.
統合セキュリティを使用していますつの共有データソースを作成します。各レポートの埋め
込みデータセットを作成します。
B. SQL
Serverデータツール(SSDT)を使用してレポートモデルを作成します。各部門のデータ要
件のデータソースとデータソースビューを含めます。統合セキュリティを使用するように各
データソースを設定します。
C.
統合セキュリティを使用していますつの共有データソースを作成します。各部門のデータ要
件のための共有データセットを作成します。
D.
統合セキュリティを使用していますつの共有データソースを作成します。レポート作成者が
必要とするすべてのテーブルを含むもの共有データセットを作成します。
Answer: C

QUESTION NO: 2
Cube1という名前のOLAPキューブがあります。
Cube1には、partition1とpartition2という2つのパーティションがあります。
各キューブパーティションにストレージモードを設定する必要があります。
ソリューションは以下の要件を満たす必要があります。
* ユーザーはできるだけ早くパーティション1から集計データを取得できる必要があります。
* partition1とpartition2の処理時間は最小限にする必要があります。
* パーティション2には、できるだけ少ない量のストレージを使用する必要があります。
あなたは何をするべきか?
解答するには、解答エリアの各パーティションに適切な保存モードを選択してください。
Answer:
Explanation

QUESTION NO: 3
販売実績KPIの傾向計算を定義する必要があります。
どのKPI傾向MDX式を使用する必要がありますか。
A. IIF([Sales Variance %] < ([Sales Variance %], [Date].[Calendar].PrevMember), 0, 1)
B. IIF([Sales Variance %3 < ([Sales Variance %], [Date].[Calendar].PrevMember), 1, 0)
C. CASE WHEN [Sales Variance %] < ([Sales Variance %], [Date].[Calendar].PrevMember)
THEN -1 WHEN [Sales Variance %] = ([Sales Variance %], [Date].[Calendar].PrevMember)
THEN 0 ELSE 1 END
D. CASE WHEN [Sales Variance %] < ([Sales Variance %], [Date].[Calendar].PrevMember)
THEN 1 WHEN [Sales Variance %] = ([Sales Variance %], [Date].[Calendar].PrevMember)
THEN 0 ELSE -1 END
Answer: C

QUESTION NO: 4
StageFactSalesパッケージの要件を実装する必要があります。
どの4つのアクションを順番に実行しますか?
(答えるには、適切な行動を行動のリストから回答領域に移動し、正しい順序で並べます。

Answer:
Explanation
Box 1:
Box 2:
Box 3:
Box 4:
Note:
* MULTIFLATFILE
A Multiple Flat Files connection manager enables a package to access data in multiple flat files.
* From scenario: A package named StageFactSales loads data into a data warehouse staging table. The package sources its data from numerous CSV files exported from a mainframe system. The CSV file names begin with the letters GLSD followed by a unique numeric identifier that never exceeds six digits. The data content of each CSV file is identically formatted.

QUESTION NO: 5
SSASに接続し、ダウンタイムを最小限に抑えるために、SSRS01上のSSRSインスタンスの
セキュリティを構成必要があります。
何をするべきですか。(各正解はソリューションの一部を紹介します。該当するものをすべ
て選択してください。)
A. レポートサーバーサービスのサービスプリンシパル名を登録します。
B. IISサービスを再起動します。
C. Analysis Servicesサービスのサービスプリンシパル名を登録します。
D. ネゴシエート認証タイプを使用するようにSSRS01を構成します。
E. カスタム認証タイプを使用するようにSSRS01を構成します。
Answer: A,D
Explanation
A (not B): If you are deploying Reporting Services in a network that uses the Kerberos protocol for mutual authentication, you must create a Service Principal Name (SPN) for the
Report Server service if you configure it to run as a domain user account.
D (not E):
* See step 6 below.
To register an SPN for a Report Server service running as a domain user
* Install Reporting Services and configure the Report Server service to run as a domain user account. Note that users will not be able to connect to the report server until you complete the following steps.
* Log on to the domain controller as domain administrator.
* Open a Command Prompt window.
* Copy the following command, replacing placeholder values with actual values that are valid for your network:
* Setspn -a http/<computer-name>.<domain-name>:<port><domain-user-account>
* Run the command.
* Open the RsReportServer.config file and locate the <AuthenticationTypes> section. Add
<RSWindowsNegotiate/> as the first entry in this section to enable NTLM.
* RSWindowsNegotiate. If you initially set the Windows service account for the report server to NetworkService or LocalSystem in Reporting Services Configuration Manager,
RSWindowsNegotiate is added to the RSReportServer.config file as the default setting. With this setting, the report server can accept requests from client applications requesting
Kerberos or NTLM authentication. If Kerberos is requested and the authentication fails, the report server switches to NTLM authentication and prompts the user for credentials unless the network is configured to manage authentication transparently.
Using RSWindowsNegotiate is your best option because it provides the greatest flexibility for multiple clients in an intranet environment.
Not C: IIS is not mention in this scenario.
Note:
* From scenario:
/ A single-server deployment of SQL Server 2008 R2 Reporting Services (SSRS) in native mode is installed on a server named SSRS01. The Reporting Server service is configured to use a domain service account.
Reference: Register a Service Principal Name (SPN) for a Report Server

NewValidDumpsはとても良い選択で、Huawei H12-711-ENUの試験を最も短い時間に縮められますから、あなたの費用とエネルギーを節約することができます。 NewValidDumpsが提供したMicrosoftのSplunk SPLK-2002試験問題と解答が真実の試験の練習問題と解答は最高の相似性があります。 あなたはキャリアで良い昇進のチャンスを持ちたいのなら、NewValidDumpsのMicrosoftのMicrosoft MS-900-JPN「Designing Business Intelligence Solutions with Microsoft SQL Server (70-467日本語版)」試験トレーニング資料を利用してMicrosoftの認証の証明書を取ることは良い方法です。 HP HPE6-A41J - でもNewValidDumpsの最新問題集がこの問題を解決できますよ。 NewValidDumpsのMicrosoftのSAP C_S4CS_1908試験トレーニング資料を持っていたら、試験に対する充分の準備がありますから、安心に利用したください。

Updated: Dec 12, 2019

70-467J認定試験トレーリング & 70-467J試験資料 - 70-467J技術内容

PDF問題と解答

試験コード:70-467J
試験名称:Designing Business Intelligence Solutions with Microsoft SQL Server (70-467日本語版)
最近更新時間:2019-12-12
問題と解答:全 185
Microsoft 70-467J 問題トレーリング

  ダウンロード


 

模擬試験

試験コード:70-467J
試験名称:Designing Business Intelligence Solutions with Microsoft SQL Server (70-467日本語版)
最近更新時間:2019-12-12
問題と解答:全 185
Microsoft 70-467J 模擬試験

  ダウンロード


 

オンライン版

試験コード:70-467J
試験名称:Designing Business Intelligence Solutions with Microsoft SQL Server (70-467日本語版)
最近更新時間:2019-12-12
問題と解答:全 185
Microsoft 70-467J 関連資格知識

  ダウンロード


 

70-467J 絶対合格